お買い求めは、こちらからLinkIconLinkIcon

「我、台湾島民に捧ぐ 日台関係秘話」
宇田川敬介(著)

日清戦争後、下関条約によりはじまった日本の台湾統治。苛烈をきわめた 台湾での抗日乙未戦争のなか、マラリアに倒れた近衛師団長北白川宮能久 親王は、「心を攻めよ」と言い残す。この言葉を胸に、台湾の発展のため 力を尽くした初代~7代総督と、それを取り巻く人々の物語。  現在の親日の背景が、ここに描かれる!著者最新の歴史小説。
お買い求めは下記より
LinkIconLinkIcon

「アジア文化研究」 第二号
一般社団法人 アジア研究学会(編集)

現在海外の大学及び研究機関等で活躍する元日本留学生による論文を集載した学会誌第二号。


お求めはこちらか

「生き方と死に方」
−人間存在への歴史的省察−
坂本 保富(著)

人間とは、いかなる存在か。いかに生き、いかに死ぬるか。歴史上における人間存在の諸相を探求して半世紀。人間存在の有り様に関する独自の思想世界へと誘う、著者の学問的叡智を結晶化させた感動の随想録。
お買い求めは下記より
LinkIconLinkIcon

「日本統治時代の朝鮮農村民改革」
山崎 知昭(著)

日本統治時代に地方金融組合が農村発展のために推進した農民改革が如何にして浸透し、その後の韓国に影響を与えたのか長い時間軸から検証し、明らかにする。

お買い求めは下記より
LinkIconLinkIcon

「孫に伝えたい私の履歴書」
川上から仙台へ〜おじいちゃんのたどった足跡〜
泉岡 春美(著)

「もっとすごいお話してあげようか」
仙台ランゲージスクールを経営する「おじいちゃん」が語るほんとうの話。
奈良県川上村の少年が仙台で日本語学校を経営するまで。
お買い求めは下記より
LinkIconLinkIcon

「小説 庄内藩幕末秘話 第二西郷隆盛と菅秀三郎」
宇田川 敬介(著)

一緒に死ぬのは簡単だ。しかし 生きねばならぬ。西郷隆盛の遺志を継ぎ、その偉業を後世に伝えようと奮闘したのは、あの庄内藩の面々だった!
戌辰戦争後の彼らの生き様を描く。『庄内藩幕末秘話』待望の続編。
お買い求めは下記より
LinkIconLinkIcon

「アジア文化研究」創刊号
一般社団法人 アジア文化研究学会(編集)

現在海外の大学及び研究機関等で活躍する元日本留学生による論文を集載した学会誌。


お求めはこちらから

「日本文化の歳時記」
宇田川 敬介(著)

あなたは日本を知っていますか?
知っているようで知らなかった、古くて新しい日本との出会い。
日本の文化や風習の成り立ちを、時には日本神話までさかのぼり季節に応じてひも解いてゆきます。
お買い求めは下記より
LinkIconLinkIcon

「歴史の中の日本料理」
四条 隆彦(著)

日本料理の伝統と文化を知ることは日本の歴史を知ることであり、
現在を生きる日本人を知ることにもつながる。
お買い求めは下記より
LinkIconLinkIcon

「日本人の生き方」「教育勅語」と「日本人の道徳思想」

坂本 保富(著)
「日本人の生き方を問う!」
日本人は、これまでいかに生きてきたのか、今をいかに生きるべきなのか。
本書は、江戸時代から現代に至日本人の生き方を「教育勅語」を基軸とする道徳思想の視座から吟味し、これからをいかに生きるかを問う問題提議の書。
お買い求めは下記より
LinkIconLinkIcon

「風雪書き」
鎌田 理次郎(著)

「戦後日本人が失ってきたものはなにか?」
経済第一主義を金料玉条として走り続けてきて、ふと気がついて立ち止まったとき、故郷を失った民は祖国まで見失ってしまうのではないか。郷土愛があって初めて祖国愛が生まれてくるとするなら、現代の都市開発理念の中で何かが忘れられていはしまいかと、ふと危惧のの思いが湧いてくる。
(本文「歴史の教訓」より)
お買い求めは下記より
LinkIconLinkIcon

「鏡の中の私を生きて」- 悩み迷える研究的半生
坂本 保富(著)

研究の世界で一途に生き、少年時代に遭遇した人生の難しさを模索し、波瀾万丈に満ちた還暦に至る半生を赤裸々に綴った自叙伝。
お買い求めは下記より
LinkIconLinkIcon

「女子大生ちあきのアジャアジャ(頑張れ)!韓国交換留学」
山崎 ちあき(著)

海外で生活する不安を乗り越え、チャレンジ精神に満ちた著者が「一生懸命頑張れば、認められる」と自分を励ましながら、かけがえのない体験をした韓国留学の体験記。
お買い求めは下記より
LinkIconLinkIcon

野地繁遺稿集ー盲目のエッセイスト
野地 繁(著)

いま蘇る盲目のエッセイストの心の光
失明の運命を受容し、東北の小都市に生きたマッサージ師が書き遺した随筆集が現代社会に強い光を当てている。
障害者を包み込む優しい人々への感謝の言葉を綴り、地域の人々の温かくそして強い結びつきを描写した珠玉の遺稿の数々。
お買い求めは下記より
LinkIconLinkIcon

「玄海の渚にてー日本語と共に歩んだ五十年」
孫 大俊(著)

日本に生まれ、青年期までを日本で過ごした著者が、祖国韓国に帰国してから今日に至る紆余曲折の50年を綴る。
日本語とともに歩んだ半生の軌跡を縦糸に、日韓問題を横糸として織りなした人生模様から、人や国家や文化といったものの本質や、その相互的な関わりの根源的な問題が見えてくる。
お買い求めは下記より
LinkIconLinkIcon

「日本の連立政権」
田村重信(著)小枝義人(著)豊島典雄(著)丹波文生(著)

現場を知る四名の政治学者田村重信、豊島典雄、小枝義人、丹波文生が「日本の連立政権」をあらゆる視点から検証、分析した必読の書。
お買い求めは下記より
LinkIconLinkIcon

レコンキスタースペイン歴史紀行」
東 潔(著)

レコンキスタ(国土回復運動)それは中世イベリア半島を舞台に800年にわたって繰り広げられたカトリックとイスラムによる”文明の朝鮮と応戦”だった。
お買い求めは下記より
LinkIconLinkIcon

「追憶」(単行本)
孫 大俊(著・原著)

戦前の日本に生まれ、青年期の大半を戦後の日本で過ごした一人の韓国人。二つの国を身に負って生きた苛酷で波乱の半生。特異な時代を特異な形で生きた人間の記録が、「人」そして「国」の普遍的な問題を浮き彫りにする。
お買い求めは下記より
LinkIconLinkIcon

「日本人の忘れもの」
鎌田 理次郎(著)敗戦

後の後にはめまぐるしい変革の時代が到来した。社会的にも、政治的にも、道徳的にも、思想的にも、混乱と対立が繰り返されている。
遠い昔から「大和」の国と自ら呼び、睦みあってきた人と人を結ぶ絆は次第次第と力を失いつつある。何を捨て、何を後の世に託していくのかの選択こそ、今の世に生きるものの責任である。
お買い求めは下記より
LinkIconLinkIcon

「幻想のチャイナ・カード(21世紀への道標)」
漆山 成美(著)

戦後の東西関係を論ずるにあたっては、従来“共産圏の拡大”“核兵器の登場”ということが2大中心課題であったが、21世紀にかけての将来には“共産主義以後”“核兵器以後”が、より重要な課題となるだろう。中国は、ソ連への切り札となるのか?
お買い求めは下記より
LinkIconLinkIcon

「タブーへの挑戦ー日中関係の過去と将来(21世紀への道標)」
山村 文人(著)

これまで『中国批判』はマスコミのタブーとされてきた。だが日中関係の見直しが叫ばれ始めた今、中国問題の専門家が敢て『中国批判』を試みる。
お買い求めは下記より
LinkIconLinkIcon

「日本近代教育史の研究」(ハードカバー)
鈴木 博雄(編集)

13名の教育史研究学者による共同執筆によって、日本における近代教育の有様を様々な視点から研究考察した大著。明治期以後の日本教育を考えるうえで必携の書。
お買い求めは下記より
LinkIconLinkIcon

「父と子のスペイン史」(単行本)
高橋 亨(著)河野 南(イラスト)

情熱と幻想の国スペインは、かつて巨大な権力と富を有した国。しかし、その歴史は常に波乱に満ち、内乱も数多くある。そんなスペインの歴史を親子でいっしょに読めるように平易な文章でわかりやすく綴られた書。
お買い求めは下記より

LinkIconLinkIcon

「わすれもの、日本」(単行本)
鎌田 理次郎(著)

日本人は、日本人の心を今一度見直し、新しい時代に備える日本と日本人のあり方を問う書。
お買い求めは下記より
LinkIconLinkIcon

「東西体制比較ー自由民主主義体制と社会主義(人民民主主義)体制ー東西ドイツをモデルとして」(単行本)
小林 宏晨(著)自由

民主主義体制と社会主義(人民民主主義)体制 - 東西ドイツをモデルとして
日本の将来を担う良き「公民」として、わが国が将来に向かって、どのような「政治・経済・社会・軍事体制」を採用・維持すべきかについて、自立的に考えるための資料を提供し、高校での「政治・経済」に、また大学での「政治学」の副読本として利用されることを目的として書かれた書。
お買い求めは下記より
LinkIconLinkIcon

「歴史紀行ードーヴァー海峡」(単行本)
東 潔(著)

イギリスとフランス、両国を隔てるドーヴァー海峡は「狭い海」だが、「怨讐の海」でもあった。ノルマン・コンクェストからノルマンディー作戦まで、ドーヴァー海峡を往来した歴史を紀行する。語り尽くせぬドラマを綴った書。
お買い求めは下記より

LinkIconLinkIcon

「日朝中3言語の仕組みー空間表現の対象研究」(単行本)
朴 貞姫(著)

5年という歳月をかけ著者が明海大学大学院応用言語学研究科から博士学位を授与された博士が食い請求論文を元に加筆修正した書。
日朝中の3言語を対照させ異同を研究し、個々の言語の理論的で実質的根拠を普遍性研究に与えることを目的とした書。
お買い求めは下記より
LinkIconLinkIcon

「新版 父と子の韓国の歴史」(単行本)
高橋 亨(著)

近くて遠い韓国。韓国の歴史を通して、韓国をより身近かに感じさせる分かりやすい韓国の入門書。
お買い求めは下記より
LinkIconLinkIcon

留魂録 
藤原 岩市(著)

F機関長としてインドの独立に精魂を傾けた著者が激動の半生を綴った回想録。特にF機関長から転出したビルマ第15軍参謀時代にはインパール作戦の全容が詳述されており、歴史的史料価値もきわめて高い。
お買い求めは下記より
LinkIconLinkIcon

幽玄なる文化の魂
王 敏(著)

中国で悠久の大地を華やかに彩った伝統的な”くまどり芸術” 著者が”くまどり芸術”の歴史を豊富な資料とともに解説するとともに中国の文化に迫る中国の歴史を知る上で価値のある書。
お買い求めは下記より
LinkIconLinkIcon

思索への誘(いざな)い
久保田 信之(編集)伊藤 宏一(編集)

それぞれの読者諸氏が、この書に揚げた諸概念とその探求をきっかけとして、自らの「思索」を深め、悩み考えてくださることを期待しているのである。 各自の「思索」を「いざなう」原動力になれば、この上ない幸せせである。- 序文より
お買い求めは下記より
LinkIconLinkIcon

思索の栞
坂本 保富(著)

「人間」にとって「教育」とは何か?
著者が20年以上にわたる執筆活動の中で、人間存在と教育、あるいは人間存在と道徳に関わる作品を集約した著者が「歴史」の窓から人間と教育のあり方を思索する書。
お買い求めは下記より
LinkIconLinkIcon

天皇と昭和の宰相(上)

昭和史懇談会(編集)

その時あなたは... 天皇・軍隊・戦争・恐慌・疑獄 - 混迷と動乱の昭和前期編
友人や肉親を戦争でなくした人間も多く、やりどころのない怒りは、天皇という当時最高権力者に向けられるのもやむを得ないだろう。50年代後半以上の人にとって天皇と同じ年代を生きた、という共感があることも確かである。
天皇と戦後の歴代総理大臣との関係を描いた戦後の日本の動向を記録した価値ある歴史書。
お買い求めは下記より
LinkIconLinkIcon

天皇と昭和の宰相 (下)
昭和史懇談会(編集)

その時あなたは... 象徴天皇・平和憲法・日米安保・高度成長・経済大国 - 新生から飽食への昭和後期編
日本の最高権力者は戦後、天皇ではなく首相である。天皇と首相との関係は戦前の上下関係から象徴と実権者という形に変わった今は、「皇室は政治に関与せず」が原則である。しかし、日本の歴史を振り返ってみると古代の、武力を背景にした天皇時代を除いて、天皇は武将に名誉だけが与えられ、「敬して遠ざけられた」のが実態ではなかったか。
お買い求めは下記より
LinkIconLinkIcon

100万人のための古典百選
松本 克美(編集)

堺屋太一推薦の書
日本のビジネスマンとして、学生として恥ずかしくない様にと著者が厳選した知っておくべき100の古典解説書。大学入試、入社試験にも、この100選の中から頻出。
お買い求めは下記より
LinkIconLinkIcon